パーティーパーティー体験談@有楽町

パーティーパーティーの評判・カップル率・口コミデータ

TOP > PARTY☆PARTY体験談 > 個室婚活パーティー@東京-その3-

カップリング結果発表!何とあの美人ちゃんと…?

結論から言おう、
第1希望のミニ子さんとカップリング成功
!!
リピート確定だな。

今回カップルになったパーティー↓

>>スケジュールはこちらからチェック

 

俺が感じたパーティーパーティープチお見合いのメリット

自分を気に入っている人が分かるからカップルになりやすい。

自分が気に入った人じゃないとカップルになりたくない!って言う人もいると思うが、カップル=付き合うわけではないので、自分に好意を持ってくれている子と仲良くなるのも恋人作りのテクニックだ。

パーティーパーティーではいいねカードというものがあり、「あなたが気になっています」というのを伝えられる。同時に異性からカードをもらえる。

partypartyのいいねカード

これがもらえると結構嬉しいんだよなぁ。このカードを貰った人をカップリング指名する事でカップルになる確率をぐっとアップ出来るというわけだ。特に男はどんな人でも女性から好かれるのはうれしいだろう。

個室でじっくり会話が出来るから、相手の内面も見ることができる

良くある量産型婚活パーティーってカフェや居酒屋、会議室を貸し切って、男女30人くらい集めて1人3分ずつ会話して数回フリータイム。って感じ。パーティーパーティーみたいに自社で店舗(ラウンジ)を持って、婚活パーティー専用の個室を作っている所って少ない。というか普通はできない。個室といっても簡単な区切りしかないとかね。

つまり、それだけパーティーパーティーは婚活パーティーに力を入れていてメインの商売としてやっている=クオリティが高い。ってことに繋がる。で、個室プチお見合いの何が良いかっていうと、8分間会話できる所。想像してみたら分かるんだけど、3分間で15人と会話したら印象に残っていられる人って何人だと思う?

多分2~3人。しかも顔が好みとか住んでる所が近いとかそれくらいの印象だろう。これでカップリングしても上手くいくわけないだろう。「えっと、確かサッカー好きな方…でしたよね?」みたいな、カップリングしたのにほぼ初対面。

8分間を8人会話したら、相当ぼけーっとしていない限りは大体相手の事を覚えられるし、いろんな情報を引き出せる。なにが好きでどういう生活をしているのか。仕草や会話のテンポから性格だって読める。

まぁ、まとめると。

良くある量産型婚活パーティー→第一印象、顔、年収、年齢で判断せざるを得ない

個室プチお見合いルックスに加えて、仕草や雰囲気、性格、趣味や嗜好も考慮してカップル相手を決められる

カップルになった後、恋愛に発展する可能性が高いのはどっちか。答えは言わなくても分かると思う。ということで、俺のお気に入りのプチお見合い。1度は是非参加してみてほしい。

>>プチお見合いのスケジュールへ

少し話がそれてしまったので、続きに戻ろう。

周りの参加者について

参加女性たちの服装

女性の服装は、みんなカジュアルでスーツ姿の女性なんて一人もいなかった。

個人的には、参加者の中ではミントグリーンのカーディガン+白のブラウス+ミニスカートとか、ツイードのワンピース+黒のタイツといったファッションが清潔感がありつつ女性らしさがあって良かったと思った。やっぱり男目線でいえば、パンツ姿の女性よりもスカート姿の女性の方がいいと思う。

ちなみに、男性は全員スーツ姿で、もちろん俺もその一人。おそらくみんなしっかりした上場企業の会社員なのだろう。

参加女性たちの趣味

趣味って改めて、個性が出るなって思った。

  • 旅行
  • 読書
  • 水泳
  • 映画鑑賞
  • 音楽鑑賞
  • 買い物
  • ヨガ
  • グルメ
  • 人の相談に乗る
  • ライブにいく事
  • スポーツ観戦
  • 観劇

参加していた女性の趣味も色々で、一番面白いと思ったのが「人の相談に乗る」という趣味。それって普通の趣味じゃないから、インパクト大。無理してでもライバルと違った趣味を書いた方が相手の印象に残りやすいと思った。

参加女性たちの住まい

女性のプロフィールを見ると、千葉3名、神奈川2名、東京3名。若干千葉から参加している人が多かったけど、大体きれいに分かれていた。多分有楽町という東京のど真ん中という土地柄、千葉や埼玉や神奈川在住で都内勤務の方が集まるのだろう。なので、割と自分と同じ県に住んている女性と出会う可能性も高い。

 

トークタイム終了!

司会:「以上で、トークタイムは終了です。これより、いいなカードの記入をお願いします!記入を終えましたら、回収いたします。お時間は2分ほどです、よろしくお願いします。」

男性たちは、このタイミングで開始前に待機していた席に戻り、いいなカードを記入する。いいなカードはスタッフが回収し、相手女性に橋渡しを行ってくれる。つまり、男性が書いたカードは女性に届くし、女性が書いたカードは男性に届く。

いいなカードは、両面プリントになっていて表にはカードを渡したい相手の女性の番号と名前を記入できる。そして、工夫が必要なのが裏面。裏面には、「またお話ししたいです。」「いいなと思いました♪」「お話、楽しかったです」「笑顔が素敵です」とテンプレートからチェックを入れる事が出来る。

しかし、その真ん中がすごい余白が多かったので、もったいない!と思い、手書きのメッセージも書くことにした。俺の場合、「是非またお話がしたいです!メール待ってます。」と言葉を添えてメアドも一緒に書いた。ライバルと天と地の差が付きそうなぐらい良い感じのカードに変身したな、うん。

こういったケースはルール違反になるのか少し心配だったが、スタッフから何も指摘されなかったので、こういうのも認めているのだろう。

ちなみに、俺はミニ子さんとボル子さんにいいなカードを渡した。逆に俺は、女性からいいなカードが貰えるのかどうか不安でしかなかった。

女性からいいなカードを数枚ゲット!

暫くすると、女性から預かったいいなカードを持ってスタッフが戻ってきた!次々に周りの男性にカードが渡されていく光景を見て、余計に心配でしかなかった。そんな心配をしていた俺に、「○番の方ですか?こちらカードをお渡しします。」と言いながらスタッフがカードが2枚くれた。

なんと、嬉しい事に2枚もカードを頂いてしまった!裏面を見ると、なんと俺が気になっていた女性(ミニ子さん)からカードもあっった。気になる女性から気になると言われてすごく嬉しかった!

いいなカードが全員に返却されたところで、次はカップリングカードの記入になる。

 

カップリングタイム!

司会:「これより、カップリングカードの記入の時間になります。話をしてみてあの人ともう一度会いたい、連絡先交換がしたいという相手の番号と名前を記入してください。」

この時、番号と名前を間違えないようにしてくださいと何度も念を押されたので、きっと良く起きるトラブルなのだろう。
俺も決して間違えていないか何度も確認して、カップリングカードの記入を終えた。

俺のカップルになりたい女性ベスト3

第1希望 ミニ子(得意料理がハンバーグの女性)
第2希望 ボル子(趣味がボルタリングの女性)
第3希望 ミュージカルが好きな女性

書き終えたカップリングカードは、いいなカード同様にスタッフが回収。結果が発表されるまでしばらく待機するのであった。

 

運命のカップル結果発表!

司会:「お待たせいたしました!これより一人ひとりに個別にご案内します。1番の男性様ご案内します。」

司会:「続いて、6番の男性様をご案内します。」

番号が呼ばれた男性は、どこか別の場所でスタッフから口頭で結果が伝えられる仕組みの様だ。
しかも、なぜか番号順ではないから余計にドキドキさせられた。

司会:「5番の男性様をお待たせしました。ご案内します。」

俺:「(おっ!俺だ!)」

いよいよ俺の番号が呼ばれ、荷物を持って廊下に進むとスタッフが小さな声でおめでとうございます!と言ってくれた。
この時、カップルになれた事を知ってドキドキから喜びへと気持ちが一変した。

俺:「ちなみに、誰とですか?」
司会:「○番のミニ子さんですが、お間違いないですか?」
俺:「はい。確かに書きましたので(照)」
司会:「良かったです。それでは、もう一度個室で再会できますので、そこで連絡先交換を行ってくださいね。」

 

俺は照れながら、ミニ子さんがいる個室へ入り軽くお話をして連絡先を交換をした。

質問者の写真
失礼しま〜す!
解答者の写真
あっ!お疲れ様です。
質問者の写真
こちらこそ。お疲れ様です。この後どうしましょうか?この後軽く食事でも行きますか?
解答者の写真
いいですね!だけど、今日実は一緒に参加している友達と一緒に帰る予定なんです。本当にすいません!
質問者の写真
そうでしたか。それじゃ今度良かったら今流行っているスペインバルとか軽く行きませんか?
解答者の写真
行ってみたいです!是非行きましょう!誘ってくれるのを楽しみに待ってますね!

次回会いましょう的な話をした後で、ミニ子さんとLINEで交換をして個室を出た。

帰り際、廊下に大々的な宣伝ポスターが貼ってあった。どんなポスターかと言うと、「婚活ウォーク」「恋するクリスマスパーティー」というイベント要素が強い婚活パーティーだった。PARTY☆PARTYでは、今回俺が参加した専用ラウンジで開催される個室型婚活パーティー以外にも、アウトドアでの会場で開催される婚活パーティーも定期的に行っているらしい。沢山の人ととにかく一度に出会いたいという人には、男女共に何百人レベルで開催されるスペシャルイベントの方がピッタリかも知れない。

だけど、個人的には今回俺が参加した個室型パーティーの方が好き。

個室型パーティーが好きな理由

個室型パーティーの一番良いところは、周りの視線を気にせず二人っきりでゆっくりと会話が出来ること。シャイな俺にとって、みんなが見ている前で女性と会話をするのは結構ハードルが高い。もし個室じゃなかったら、なかなか話したい事も話しにくいと思うのだ。シャイな方や知らない大勢の前で女性と話すのが苦手な方は、個室型の婚活パーティーに参加した方が合っていると思う。万が一、ミニ子さんとうまく進展がなかったら、また個室型の婚活パーティーに参加するつもりだ。

>>今回参加したプチお見合い詳細


<<トップページへ戻る